ホルベイン アーチスト ナビ
 
バナー:ホルベイン ヴェルネ
バナー:ホルベイン 透明水彩絵具バナー:ホルベイン エアロフラッシュバナー:ホルベイン ドローイングインク

 
 トップ カフェオランジュバックナンバー一覧
 > <音楽> <映画> <> <
 
                 

キュレーション「現代アート」をつくったキュレーターたち(2014/2/24 UP)
虚像の時代―東野芳明美術批評選(2013/9/26 UP)
松林図屏風(2012/9/26 UP)
楽園のカンヴァス(2012/8/1 UP)
ミュージアム新時代─世界の美術館長によるニュー・ビジョン(2012/6/14 UP)
アイ・ウェイウェイは語る(2012/5/7 UP)
ハウス・オブ・ヤマナカ 東洋の至宝を欧米に売った美術商(2012/3/29 UP)
洋画家たちの東京(2012/1/31 UP)
「『盗まれた世界の名画』美術館」ほか(2011/12/28 UP)
「『人間と物質』展の射程―日本初の本格的な国際展」(2011/11/20 UP)
アルケミスト双書「イスラム芸術の幾何学」ほか(2011/10/21 UP)
アート・スピリットThe Art Spirit(2011/9/20 UP)
ジョゼフ・コーネル 箱の中のユートピア(2011/8/8 UP)
奇想の美術館(2011/2/2 UP)
絵画をいかに味わうか(2011/1/5 UP)
フェルメールのカメラ(2010/12/3 UP)
楽園への道(2010/11/4 UP)
ヨーロッパ視覚文化史(2010/10/4 UP)
クリスチャン・ボルタンスキーの可能な人生(2010/9/1 UP)
画家たちの『戦争』(2010/8/2 UP)
イメージの運命(2010/7/5 UP)
澁澤龍彦 西欧芸術論集成 上、下(2010/6/3 UP)
フランシス・イェイツとヘルメス的伝統(2010/5/7 UP)
ローマが風景になったとき(2010/4/2 UP)
デューラーを読む(2010/3/4 UP)
イタリア絵画史(2010/2/1 UP)
西洋挿絵見聞録(2010/1/5 UP)
マルセル・デュシャン書簡集(2009/12/2 UP)
印象派はこうして世界を征服した(2009/11/2 UP)
レオナルド・ダ・ヴィンチの食卓(2009/10/5 UP)
ピエロ・デッラ・フランチェスカ[新装版](2009/9/3 UP)
カルパッチョ 美学的探究(2009/8/3 UP)
シュルレアリスム絵画と日本(2009/7/2 UP)
画文共鳴(2009/6/4 UP)
幻視絵画の詩学(2009/5/1 UP)
ロスコ 芸術家のリアリティ(2009/4/3 UP)
レオナルド・ダ・ヴィンチの生涯(2009/3/4 UP)
描かれた技術 科学のかたち(2009/2/2 UP)
芸術崇拝の思想(2009/1/5 UP)
フロイトのイタリア(2008/12/2 UP)
ビルキス、あるいはシバの女王への旅(2008/11/4 UP)
影の歴史(2008/10/1 UP)
壁画洞窟の音(2008/9/3 UP)
肖像のエニグマ(2008/8/4 UP)
虹よ消えるな(2008/7/1 UP)
英国美術の現在史−ターナー賞の歩み(2008/6/2 UP)
わが父 ルノワール(2008/5/2 UP)
愛しのグレンダ(2008/4/1 UP)
東京風景史の人々(2008/3/4 UP)
美の猟犬 安宅コレクション余聞(2008/1/31 UP)
南海漂蕩(2008/1/7 UP)
イリヤ・カバコフ自伝(2007/11/29 UP)
愉悦の蒐集 ヴンダーカンマーの謎(2007/10/30 UP)
ムンク伝(2007/9/28 UP)
イスタンブール−思い出とこの町(2007/8/31 UP)
こころの眼(2007/7/31 UP)
フェルメールの受胎告知(2007/6/29 UP)
NEW MuSEUMS(2007/5/30 UP)
全体主義芸術(2007/4/27 UP)
空と海(2007/3/28 UP)
食べる西洋美術史(2007/2/27 UP)
美術愛好家の陳列室(2007/2/2 UP)
わたしの名は紅(2007/1/5 UP)
ヒトの変異(2006/12/1 UP)
アンリ・ルソー楽園の謎(2006/11/6 UP)

フェルメール全点踏破の旅(2006/10/2 UP)

左右/みぎひだり(2006/8/30 UP)

中世の身体(2006/8/1 UP)

武満徹|Vision in Time(2006/7/1 UP)

みる きく よむ(2006/5/29 UP)

黄金比はすべてを美しくするか?(2006/4/28 UP)

アーモリー・ショウ物語(2006/3/31 UP)

絵画のなかの熱帯(2006/3/1 UP)

美の歴史(2006/2/3 UP)

修復の理論(2006/1/11 UP)

断片からの世界(2005/12/5 UP)

青の歴史(2005/11/11 UP)

知覚の宙吊り(2005/10/11 UP)

時の震え(2005/09/7 UP)

美術カタログ論(2005/08/12 UP)
斬首の光景(2005/07/14 UP)
フランシス・ベイコン(2005/06/13 UP)

現代美術の教科書NEW ART THEORIES!(2005/05/16 UP)

芸術・思想家のラストメッセージ(2005/04/21 UP)
 

第7変奏 『オーディオ評論家、レコード批評家 五味康祐』(2005/11/5UP)

第6変奏 『ベートーヴェンにきく』(2005/10/5UP)

第5変奏 『ある晴れた日に』(2005/08/25UP)

第4変奏 ルドルフ・バルシャイ(2005/07/22UP)

第3変奏 ダヴィド・オイストラフ(2005/06/21UP)
ギレリスのチャイコフスキー(2005/05/23UP)
LPモノラル盤からの出発(2005/04/26 UP)
 

フランシス・ベーコン 出来事と偶然のための媒体(2013/12/9 UP)
世界最古の洞窟壁画—忘れられた夢の記憶(2013/7/16 UP)
無能の人(2012/10/23 UP)
はじまりの記憶(2012/8/28 UP)
ISAMU NOGUCHI stones and paper(2012/7/2 UP)
画家・松井冬子の世界 痛みが美に変わる時(2012/5/17 UP)
岡本太郎生誕100年企画 TAROの塔(2012/4/17 UP)
ポロック その愛と死(2012/2/23 UP)
毛皮のエロス──ダイアン・アーバス 幻想のポートレイト(2012/1/17 UP)
バスキアのすべて(2011/12/12 UP)
歌麿をめぐる五人の女(2011/11/9 UP)
眠れる美女(2011/10/6 UP)
ポルノグラフィア 本当に美しい少女(2011/8/24 UP)
セラフィーヌの庭(2011/2/14 UP)
カラヴァッジョ(2011/1/12 UP)
サクリファイス(2010/12/14 UP)
囚われの美女(2010/11/12 UP)
マルメロの陽光(2010/10/18 UP)
ZOO(2010/9/13 UP)
カメラを持った男(2010/8/12 UP)
欲望(2010/7/12 UP)
意志の勝利(2010/6/14 UP)
メトロポリス(2010/5/14 UP)
ヴェルクマイスター・ハーモニー(2010/4/12 UP)
リバーズ アンド タイズ(2010/3/12 UP)
アポロンの地獄(2010/2/10 UP)
ストーカー(2010/1/13 UP)
夏時間の庭(2009/12/21 UP)
レンブラント 描かれた人生(2009/11/12 UP)
去年マリエンバードで(2009/10/13 UP)
デッドマン[スペシャル・エディション](2009/9/15 UP)
黄金時代(2009/8/17 UP)
コロッサル・ユース(2009/7/16 UP)
画家と庭師とカンパーニュ(2009/6/17 UP)

宮廷画家ゴヤは見た(2009/5/19 UP)

ピアノチューナー・オブ・アースクエイク(2009/4/17 UP)

消えたフェルメールを探して(2009/3/16 UP)

ゴヤ(2009/2/16 UP)

日本のアウトサイダーアート〈不思議のカタチ〉(2009/1/15 UP)

惑星ソラリス(2008/12/15 UP)

フェルメール 奇跡の光を描いた画家(2008/11/14 UP)

非現実の王国でーヘンリー・ダーガーの謎(2008/10/15 UP)

スケッチ・オブ・フランク・ゲーリー(2008/9/12 UP)

レンブラントの夜警(2008/8/12 UP)

アラン・レネ/ジャン=リュック・ゴダール短編傑作選(2008/7/14 UP)

ヴァンダの部屋(2008/6/16 UP)

デリダ、異境から(2008/5/16 UP)

NOIR(ノワール) Odilon Redon(2008/4/16 UP)

ニキフォル 知られざる天才画家の肖像(2008/3/11 UP)

アルベルト・ジャコメッティ 本質を見つめる芸術家(2008/2/12 UP)

鏡(2008/1/16 UP)

エドヴァルド・ムンク 生命のダンス(2007/12/11 UP)

アンダルシアの犬(2007/11/9 UP)

天使(2007/10/11 UP)

印象派 若き日のモネと巨匠たち(2007/9/10 UP)

英国式庭園殺人事件(2007/8/9 UP)

胡同のひまわり(2007/7/9 UP)

クリムト(2007/6/11 UP)

ざくろの色(2007/5/8 UP)

事の次第(2007/4/5 UP)

赤い風車(2007/3/13 UP)

ミステリアス・ピカソ(2007/2/9 UP)

ノスタルジア(2007/1/10 UP)

セザンヌ / ルーヴル美術館訪問(2006/12/11 UP)

田舎の日曜日(2006/11/14 UP)

家族の肖像(2006/10/12 UP)

アクメッド王子の冒険(2006/9/13 UP)

パリ・ルーヴル美術館の秘密(2006/8/8 UP)

エルミタージュ幻想(2006/7/12 UP)

アララトの聖母(2006/6/5 UP)

モディリアーニ(2006/5/9 UP)

アンディ・ウォーホル / スーパースター(2006/4/13 UP)

美しき諍い女〔無修正版〕(2006/3/10 UP)

アンドレイ・ルブリョフ(2006/2/13 UP)

アドルフの画集(2006/1/18 UP)

エゴン・シーレ(2005/12/13 UP)

パッション(2005/11/18 UP)

真珠の耳飾りの少女(2005/10/17 UP)

オランダの光(2005/09/15 UP)

フリーダ(2005/08/20 UP)

カラヴァッジオ(2005/08/08 UP)
愛の悪魔 フランシス・ベイコンの歪んだ肖像(2005/06/20 UP)
ゴッホ VINCENT&THEO(2005/05/30 UP)
ポロック・2人だけのアトリエ(2005/04/21 UP)
 

絵具における色名の由来 <水彩絵具編>

<茶・黒・白>(2006/12/18UP)

<紫>(2006/8/21UP)

<青>(2006/7/5UP)

<緑>(2006/4/17UP)

<黄>(2006/2/20UP)

<赤>(2006/1/25UP)

 
絵具における色名の由来 <油絵具編>

<Grey><Gold・Silver><Antique>(2005/11/30UP)

<Black><White>(2005/11/1UP)

<Violet><Brown>(2005/09/20UP)

<Blue>(2005/08/31UP)

<Green>(2005/07/29UP)

<Orenge><Yellow >(2005/06/30UP)

<Red> 本来の出自を明らかにするもの (2005/05/10 UP)
<Red> 昆虫を原料としていた色 (2005/04/20 UP)
 

<下地をつくる−3 木材につくる 木材の種類>(2007/1/31UP)

<下地をつくる−2 亜麻布につくる 下地絵の具>(2006/9/8UP)

<下地をつくる−2 布張り+目止め>(2006/6/14UP)

<下地をつくる−1 市販カンバスを利用する>(2006/3/24UP)

 
         
 
つながらないページや移動したページを見つけられましたらこちらまでお知らせ下さい。

Copyright (C) 2005 holbein works,ltd. Japan All Rights Reserved.